見逃すと損!オトクに泊まれる楽天トラベル割引クーポンクーポン一覧

名古屋は子連れ旅行に最適な街!2泊3日のモデルコースと予算

名古屋2泊3日

『幼い子どもを連れての旅行って大変だし、泊まる場所も子連れで不便するのが不安だから大きいホテルにしよう…』

という感じで、結局いつも超メジャーな旅行先にしてしまうというあなた。でもホントはいろんな場所へ旅行したい!と思っているあなた。

そんなあなたに、過去の失敗(プロフィール参照)から子連れが快適にすごせる宿さがしを得意とするわたしが、名古屋2泊3日のモデルコースを提案します!

名古屋2泊3日が子連れ旅行に向いている理由
  • ホテルは和室でバストイレ別!広い浴槽付でさらに立地も超便利!
  • 名古屋には実は子どもが楽しめる観光施設がたくさんある!
  • 2泊3日すべて名古屋市内で完結するので移動が少ない!

さらに、気になるお金の話も書きました。

タップで読みたい場所へジャンプ

名古屋子連れ旅行1日目

1日目は、男の子ならみんな大好き電車の博物館『リニア鉄道館』に行きます!

1〜2時間ほどで回れる規模なので、午後に到着しても十分です。

ホテルは当ブログがイチオシする、子連れに最高の環境のホテルを紹介します!

本物の車両がたくさん!リニア鉄道館

リニア鉄道館

超電導リニアの実車両から歴代新幹線、レトロな車両まで豊富に展示されています。特段、電車が好きな子ではなくても興奮必至です!

体験や実験ができるコーナーもあって、幅広い年齢の子どもが楽しめるように考えられています。

子連れ&車で「リニア・鉄道館」に行く前に読んでほしい記事です。
実際に子連れで行ってみて感じたことや、事前に知っておくと当日あわてない便利情報も!

東京方面から行く場合(東京ICを出発地に想定)

東京ICからリニア鉄道館まで、渋滞や休憩なしの場合の所要時間→約3時間10分

大阪方面から行く場合(豊中ICを出発地に想定)

豊中ICからリニア鉄道館まで、渋滞や休憩なしの場合の所要時間→約1時間40分

高速道路の料金・ルート検索サイト「ドラぷら」

子連れのための部屋?!ホテル『メルパルク名古屋』

幼い子連れ旅行の悩みのタネといえば、お風呂問題です。大浴場に入れるのは大変すぎるし、ユニットバスで洗うのも厳しい…。

そんな悩みを完全に解消できるのが、この『メルパルク名古屋』の『和室』です。

メルパルク名古屋の和室が幼い子連れにオススメな理由
  • バス・トイレ別
  • 名古屋市内では希少な和室
  • 下の階に客室がない
  • 未就学児無料

実際に泊まって、メルパルク名古屋の和室は子連れで使いやすいか検証してきました!

リニア・鉄道館からメルパルク名古屋まで有料道路を使う場合

名港中央ICから東新町出口まで高速道路。
渋滞なしの場合の所要時間→約30分

リニア・鉄道館からメルパルク名古屋まで有料道路を使わない場合

都市部なので渋滞を想定した所要時間→約60分

おかねのはなし。1日目にかかる費用

楽しい家族旅行とはいっても、どうしたってお金のことは気になりますよね。

そこで、このモデルコースにかかる費用をざっくり算出するので参考にしてください。

  • 東京方面から旅行に行く想定で算出(東京ICを出発点とする)
  • リニア鉄道館からホテルまでの移動は高速道路を使う想定で算出
  • ETCの料金設定は休日の日中に設定
  • ガソリン代は燃費15km/ガソリン単価1L=150円で算出
  • 飲食費は個人差が激しいので、ここでは計算には入れない

大人2人と子ども2人(幼稚園児1人と2歳以下1人)のファミリーでシミュレーションしています。

ホテルの宿泊料金は、時期によって金額が大きく違うため別枠にしています。

まずは1日目の費用です。

スクロールできます
お金を使う場所かかる金額詳細
高速道路¥5,800東京IC〜名港中央IC
金城ふ頭駐車場¥1,500土日祝最大料金1500円
リニア・鉄道館入場料¥2,200大人1,000円・3歳以上200円
高速道路¥1,170名港中央IC〜東新町出口
ホテル駐車場代¥1,0001日1,000円
ガソリン代¥3,450約350km=約23L
合計¥15,120
ホテル(閑散期素泊まり)¥15,000〜17,000大人1人¥7,500〜¥8,500・小学生未満無料
ホテル(繁忙期素泊まり)¥28,000〜32,000大人1人¥14,000〜¥16,000・小学生未満無料

▲1日目の先頭に戻る

名古屋子連れ旅行2日目

2日目は動物園です!

紹介する東山動物園は、飼育している動物が約500種類と国内最多の動物園です。

この動物園で「興味を持てる動物が見つからない」なんてことはまずありえないと言えるくらい、飼育されている種類が豊富で豪華です。しかも入場料が安い!

飼育種類が日本一の東山動物園

東山動物園のゴリラ

東山動物園は、国内最多の約500種類もの動物を飼育しています。動物園好きではなくても、お気に入りの動物がきっと見つかるはずです!

規模が大きいので仕方ないのですが、東山動物園は一部アップダウンもあります。子どもが自分で歩いてくれる年齢で体力があるなら、1日使って動物園全てを回ってもいいでしょう。

しかし、まだずっと自分で歩くのは厳しい年齢であったり、ベビーカーを持っていくような年齢の場合は、全て回ろうとせずに良いところどりをしましょう!

子どもが幼い場合、ムリをすると「しんどさ>楽しさ」になってしまいます。
そうならないために、当ブログオリジナルの『東山動物園いいとこどりルート』をチェックしてください!

ホテル・メルパルク名古屋から東山動物園までは、電車でいくのが便利です。

  • メルパルク名古屋から最寄りの千種駅までは徒歩1分
  • 地下鉄東山線に乗り9分で東山公園駅に到着
  • 東山公園駅から東山動物園までは徒歩5分

2日目もメルパルク名古屋に連泊して、車はホテルの駐車場に停めておきましょう。

駐車場の心配をせずに、ほとんど徒歩移動もなく東山動物園まで往復できます。とても便利な立地です!!

東山動物園公式サイト

ホテル『メルパルク名古屋』

和室に連泊するのが、立地的な都合もとても良くて便利です。

「メルパルク名古屋の和室」宿泊料金と空室をチェック!

じゃらん

楽天トラベル

*未就学児は無料なので、人数に含めずに予約してください。大人の人数だけ入力すればOKです。

メルパルク名古屋公式サイト

おかねのはなし。2日目にかかる費用

2日目にかかる費用です。

東山動物園の入園料の安さにおどろきます。動物の種類がとても多くて1日楽しめるのに、家族4人でたった1,000円しかかかりません!

スクロールできます
お金を使う場所かかる金額詳細
ホテル駐車場代¥1,0001日1,000円
東山動物園までの電車代¥960千種駅〜東山動物園駅・大人1人240円×往復
東山動物園入園料¥1,000大人1人500円・中学生以下無料
合計¥2,960
ホテル(閑散期素泊まり)¥15,000〜17,000大人1人¥7,500〜¥8,500・小学生未満無料
ホテル(繁忙期素泊まり)¥28,000〜32,000大人1人¥14,000〜¥16,000・小学生未満無料

▲2日目の先頭に戻る

名古屋子連れ旅行3日目

3日目は水族館です!

大都市にある水族館とあなどってはいけません。希少な大型生物がいる上に、大規模なショープールまで有しています!

高速道路ですが、ホテルから水族館へむかう際につかう港明ICは出口専用です。帰りの高速道路の乗り口は木場ICを使いましょう。

国内では数少ない大型生物が!名古屋港水族館

名古屋港水族館のシャチ

名古屋港水族館には、日本で2カ所しか飼育されていない『シャチ』がいます!

ショーが行われるプールでは、シャチの公開トレーニングを見ることができて貴重な体験が味わえます。

名古屋港水族館はクセのある構造をしていて、幼い子を連れていくときは注意点があります。

メルパルク名古屋から名古屋港水族館まで有料道路を使う場合

東新町ICから港明ICまで高速道路。
渋滞なしの場合の所要時間→約25分

メルパルク名古屋から名古屋港水族館まで有料道路を使わない場合

都市部なので渋滞を考慮した所要時間→約50分

名古屋港水族館公式サイト

おかねのはなし。3日目にかかる費用

3日目にかかる費用です。1日目と同じく、大人2人と子ども2人(幼稚園児1人と2歳以下1人)でシミュレーションしています。

  • 東京方面へ帰る想定で算出(東京ICを到着地とする)
  • ホテルから名古屋港水族館までの移動は高速道路を使う想定で算出
  • ETCの料金設定は休日の日中に設定
  • ガソリン代は燃費15km・ガソリン単価1L=150円で算出
  • 飲食費は個人差が激しいので、ここでは計算には入れない
スクロールできます
お金を使う場所かかる金額詳細
高速道路¥550東新町IC〜港明IC
ガーデンふ頭駐車場¥1,00030分100円・最大料金1,000円
名古屋港水族館入場料¥4,560大人2,030円・小中学生1,010円・4歳以上500円
高速道路¥5,820木場IC〜東京IC
ガソリン代¥3,450約340km=約23L
合計¥15,380

▲3日目の先頭に戻る

おかねのはなし。名古屋子連れ2泊3日でかかる費用の合計

今回のモデルコースを、大人2人と子ども2人(幼稚園児1人と2歳以下1人)で旅行した場合の費用合計です。

  • 食費は含めていません
  • ホテル宿泊代は中間値にしています
  • お土産代はいれていません
  • 東京ICを起点終点で算出しています

▽ホテル宿泊時期がオフシーズンの場合

1日目¥15,120
ホテル宿泊代¥16,000
2日目¥2,960
ホテル宿泊代¥16,000
3日目¥15,380
合計¥65,460

▽ホテル宿泊時期がハイシーズンの場合

1日目¥15,120
ホテル宿泊代¥30,000
2日目¥2,960
ホテル宿泊代¥30,000
3日目¥15,380
合計¥93,460

ハイシーズンで10万円を切っているのは、かなり抑えられているのではないでしょうか。

▲目次に戻る

名古屋子連れ2泊3日で訪れた場所

この記事を書いた運営者あき
プロフィール画像
あき(@akichan_ryokou

旅行大好き2児(5歳・3歳)の父(30代)
長男は0歳11カ月/次男は0歳3カ月で旅行デビュー
子連れが快適に泊まれる宿探しが得意
北海道1周の旅を2回経験
旅行の前日は楽しみすぎて寝付けない事が多い

タップで読みたい場所へジャンプ