見逃すと損!オトクに泊まれる楽天トラベル割引クーポンクーポン一覧

【子連れ宿泊記】サンバレー那須オリエンタルガーデンはファミリーにおすすめ!リゾート感NO1の宿泊棟

サンバレー那須 オリエンタルガーデン

栃木県那須町にあり、9つもの宿泊棟がある大型リゾートホテル『サンバレー那須』。この記事では、わたしが実際に子連れ(5歳・3歳)で宿泊した『オリエンタルガーデン』を子連れ視点で徹底解説します。

当ブログは0歳〜6歳(未就学児)との子連れ旅行に特化したブログです。

サンバレー那須のオリエンタルガーデンを予約しようかと思っているけど、子連れで不便しないかな?

と悩んでいるあなたはこの記事を読めば解決します!

そもそもサンバレー那須には宿泊棟がありすぎて、どこを選んだらいいかさっぱり分からない!

というあなたは、サンバレー那須のすべての宿泊棟を子連れ視点で比較した記事がオススメです。

この記事を書いた運営者あき
プロフィール画像
  • 旅行大好き3児(5歳・3歳・0歳)の父(30代)
  • 子連れが快適に泊まれる宿探しが得意
  • 2022年に子連れで那須に1週間滞在
  • 2022年にサンバレー那須に子連れで4泊
タップで読みたい場所へジャンプ

オリエンタルガーデンは子連れに向いている

初めに、“オリエンタルガーデンは子連れに向いているか”という疑問に対しての結論ですが、サンバレー那須のオリエンタルガーデンは幼い子連れでの宿泊に向いています。理由としては▼

  • 温泉大浴場がある
  • バイキング会場がある
  • 無料で利用でできるガーデンプールがある
  • 滞在中、棟の移動が必要ない

サンバレー那須では、食事や大浴場を利用するときに屋外の移動が必要な棟も多数あるなか、オリエンタルガーデンは棟の移動が必要ありません。子連れだと棟の移動は面倒以外のなにものでもないので、サンバレー那須に泊まるならこれは大きな魅力です。

あき

しかし、オリエンタルガーデンには1つだけマイナス点があります。

  • 布団で寝られる部屋が1つもない

ただし、このマイナス点には対策があるので、決定的な欠点とまではなりません。詳細は後ほど部屋紹介の部分でお伝えします。

では、ここからは写真を載せながらオリエンタルガーデンを解説します。

チェックイン|荷物を運び込むのが楽チン

本館は荷物を運びこむのに苦労しますが、オリエンタルガーデンはとても楽です。

エントランス前に車をつけられる上に、スロープがあるので荷物用のカートを車まで持ってこられます。これは、どうしても荷物が多くなってしまう幼い子連れにとってありがたいです。


エントランスからホテル内に入ります。ロビーは吹き抜けで天井が高く、とても広々としています。グランドピアノとたくさんのソファーが置かれていて、くつろげる空間となっています。

部屋|オリエンタルガーデン・トリプルルーム

オリエンタルガーデンには3種類の部屋タイプがあります。

  • ツインルーム
  • ダブルルーム
  • トリプルルーム

ただ、子連れでオリエンタルガーデンに宿泊する場合はトリプルルーム一択です。トリプルルーム以外は子どもがベッドから落下する危険性があるのでオススメできません。

トリプルルームは、ベッド3台とソファー2つにテーブルもある30.3㎡の広めの部屋です。洋室なので室内は土足です。これは幼い子どもがいると少し気になるマイナスポイントですが、オリエンタルガーデンには洋室で土足の部屋しかないので仕方がありません。

窓の外には那須高原の森が広がっていて、目に優しい景色です。


自由に使えるコンセントは、デスク前の壁とベッドサイドテーブルの2カ所で、合計4口とやや物足りないです。4口だと足りない人はタコ足配線を持参するのがオススメです。


オリエンタルガーデンの客室のテレビでは、YouTube/AMEBA/Huluといった動画配信サービスが楽しめます。ホテルのWi-Fiに接続し、自分のアカウントにログインして普段家で見ているように楽しめるので、幼い子どもがいるファミリーには嬉しいサービスですね。


空気清浄機は国産の製品が置かれています。また、空気の乾燥が気になる場合はレンタル品として加湿器があるので、フロントに連絡すれば貸してもらえます。

トリプルルームの水まわりは平凡なユニットバス

水まわりは、やや年季を感じる至ってシンプルなユニットバスです。

幼い子どもには洗面台が高いのがネック。身長が95cmくらいあるうちの3歳次男が、手を洗うのに大苦戦していました。うまく洗えないので、最終的には裸足になってユニットバスの浴槽内に入ってもらい、カランから水を出して洗わせました。

子どもの手洗いがしづらいことへの対策は次の2つです。

  • 手洗いの代わりに除菌ウェットティッシュを使う
  • オリエンタルガーデンのロビーにあるトイレの前に、幼児でも届く高さの手洗い場があるのでそこを使う▼
オリエンタルガーデンのロビーにあるトイレ

トリプルルームのアメニティ

アメニティは最低限のものしか置かれていません。

  • 歯ブラシ(子ども用もあり)
  • コットンセット
  • ボディタオル
  • ヘアブラシ
  • カミソリ
  • タオルセット
  • ハンドソープ
  • ドライヤー
  • シャンプー
  • コンディショナー

子ども用の歯ブラシを用意してくれているのは嬉しいポイントでした。ドライヤーの風量も十分で、よほどこだわりがなければ持参する必要はないと感じました。

オリエンタルガーデンのキッズ用品・ベビー用品

部屋には「小」サイズの子ども用浴衣が置かれていました。小サイズの子ども用浴衣は身長100cmが目安とのこと。この浴衣、身長100cm以下の子に着せるのはオススメできません。うちの3歳は身長が95cmくらいなのですが、丈が長くて動きづらそうにしていました。

さらに、ズボンなしの浴衣タイプなので寝ているときに着崩れます。うちの子は寝相が悪く、浴衣で寝ると肌着1枚で寝てるのと変わらなくなるのが目に見えていたので、結局は持参したパジャマを着て寝ました。


オリエンタルガーデンのレンタル品は子ども用品も多数取り揃えてあります。

オリエンタルガーデンの貸出品

ベビーソープはピジョンの「全身泡ソープ」でした。大浴場には大人用の「馬油シャンプー」しか置かれていないので、子連れはベビーソープも借りておくのがオススメです。レンタル品は、予約時の備考に記載しておくと初めから用意しておいてくれるのでスムーズです。

オリエンタルガーデンの貸出品

子どものベッド落下防止対策は必須

先ほど、「子連れでオリエンタルガーデンに泊まるなら、ベッドから落下防止のためにトリプルルーム一択」と書きました。

しかし、トリプルルームも『そのまま』使うと子どもがベッドから落下する危険性があるので対策をする必要があります。この落下防止対策を取れるのがトリプルルームだけなんです。ベッドガードのレンタルもあるのですが、ベッドガードを信用するのが怖い人にはもっといい対策があるので解説します。


部屋に入ったときのベッド周りは下の写真のような状態です。

このままだと左/下/右の3辺に落下の危険があります。親が両脇に寝ても足元から落下する可能性があり、まだ危険です。

これを子どもが落下しないように手を加えます。せめて落下の危険がある辺を2つまで減らして、その2つを両親が寝て埋めるという状況にはしたいです

  1. 写真右奥のベッド脇にある浴衣やタオルが置いてある台をどかす
  2. ベッド2台を横にずらして壁にくっつける

さらにダイニングスペースにあるソファー2台をベッドにくっつけます。

これで壁側と足元は頑丈なガードが完成です。この状態で子どもが壁側(上の写真だと右側)、大人が床側(上の写真だと左側)に寝れば子どもが寝返りでベッドから落下する心配はなくなります。

上の写真のようにベッドを2台くっつけた状態なら、大人1人と幼児2人が寝てもまだ余裕があるくらいの広さです。つまり、2人きょうだいまでならオリエンタルガーデンのトリプルルームは安全に宿泊できます。


ちなみに、ベッドは4本の足のうち2本が車輪なので大人1人でも動かせます

あき

普段ベッドの下に隠れている部分の床も、ホコリ1つなく綺麗に清掃されていて少し感動しました。

初期の配置を動かした場合、ホテルに迷惑がかからないようにチェックアウト前にキチンと元の配置に戻しておきましょう。

リゾート感を演出するガーデンプール

オリエンタルガーデンには夏季限定で宿泊者専用のプールがあります。サンバレー那須に宿泊していれば、宿泊している部屋がオリエンタルガーデン以外の棟でも利用できます。水着や浮き輪などのプール道具は、レンタルや販売がされていないので持参する必要があります。

夜はライトアップされて、ナイトプールとしても営業しています。ライトアップによってリゾート感が増し、とても良い雰囲気でしたよ。

プールの水深は1.1M〜1.2Mです。幼児は絶対に足がつかない深さなので、浮き輪やアームリングを必ず持参しましょう。


プールサイドにはサウナがあります。室内プールによくある“採暖室”というよりもサウナに近い温度です。幼児には熱すぎるので注意してください。

わが家がプールを利用しているときは貸切状態だったので、サウナの入口のドアを開けたまま利用しました。幼児にはそれがちょうどいい温度だったようで、うちの5歳の子も体調を崩すことなく暖を取れました。


プールサイドには男女別のシャワー室とトイレもあります。


水着に着替える更衣室もプールのすぐ脇にあって便利です。更衣室のとなりが温泉大浴場『湯処ひのき』への入口なので、プールに入った後そのまま温泉へ直行して冷えた体を温めることもできます

大浴場|湯処ひのきは大人向きの温泉

オリエンタルガーデンの1番奥には温泉大浴場の『湯処ひのき』があります。総檜造り&総硫黄泉と、サンバレー那須こだわりの温泉大浴場です。内湯に1つの浴槽と露天風呂に3つの浴槽があるのですが、すべての浴槽に硫黄の匂いが漂い白濁色のお湯である硫黄泉の温泉が注がれています。

湯処ひのき|サンバレー那須公式サイト

サンバレー那須全体で3つの温泉大浴場がありますが、この『湯処ひのき』が1番泉質と雰囲気が良くてわたしはお気に入りでした。

ただし、大人にとってはベストな大浴場である『湯処ひのき』ですが、子どもにとってはそうではないかもしれません。子どもが嫌がるかもしれない要素が2つあります

  • 強い硫黄臭がする
  • お湯が白く濁っている

大浴場に入った瞬間に強烈な硫黄臭がするので、硫黄臭が苦手な子は『湯処ひのき』は避けた方がいいです。

また、『湯処ひのき』のお湯は自分の足も見えないくらい白く濁っているので、怖がりな子だと入るのを嫌がるかもしれません。服を脱いでお風呂の中まで行ってから「怖いから入りたくない……」と言われないように、子どもの性格を考えて親が判断してあげてください。

バイキングレストラン|万里の中華は質がたかく大満足!

オリエンタルガーデン1階にある、本格的な中華料理のバイキングです。本格的と言っても、並んでいる料理に辛いものは多くなく、日本人好みの味付けです。料理は基本的にすべて中華料理で統一されています。ライブキッチンには北京ダックや小籠包などがあって目でも楽しめます。


キッズコーナーも用意されています。ここに置いてあるエビチリは色に反して辛みは全くなく、辛いものが苦手な大人もおいしく食べられます。

うちの子はチーズインハンバーグがとても気に入ったようで、何回もおかわりしていました。


デザートも魅力の1つで、アイスクリーム/ケーキ/プリン/杏仁豆腐と種類がとても豊富で味もおいしかったです。アイスクリームはディッシャーを使って自分で盛りつけをするスタイルなので、子どもは“自分でやりたい!”と大喜びしていました。

あき

辛いものが苦手な私でも、とてもおいしくて楽しめた中華バイキングでした!

売店|子ども用品はオムツとおしり拭きが置いてある

オリエンタルガーデンの売店で販売している子ども用品は、オムツとおしり拭きです。さすがに値段は割高ですが、いざというときに手軽に買えるのは子連れにとって安心できますね。

本館の売店に行けば、哺乳瓶やキューブタイプのミルクなど、より豊富にベビー用品が販売されています。


オリエンタルガーデンの売店にはお土産も充実しており、『お菓子の城ハートランド』で販売している“御用邸の月”や『チーズガーデン那須』のチーズケーキ、『南ヶ丘牧場』のお菓子など那須の主要なお土産はだいたい売られていました。

お土産を買いにわざわざお店を回るのが面倒な人やお土産にこだわらない人は、サンバレー那須の売店で事足りるくらいの品揃えがあります

私が訪れた8月には、季節の野菜(那須高原で栽培された白いトウモロコシ)が売られていたり、中華バイキングの『万里』横ではお土産用の宇都宮餃子が売られていました。

サンバレー那須の大浴場に置かれている『馬油シャンプー』も売店で買うことができます。

まとめ|実際に宿泊してみた感想

オリエンタルガーデンは、サンバレー那須の宿泊棟の中で1番リゾート感がある棟でした。ガーデンプールに入った後にそのまま温泉に直行できるのは最高に贅沢な気分になれるので、1番は夏に泊まることをオススメします。ナイトプールは入らずとも見ているだけで楽しげな気分なれますよ。

『万里』の中華バイキングはとてもクオリティが高いです。

あき

1回目に取った料理が全部おいしかったので、“これは全品味見しないともったいない”と思い、初めてバイキングで全品制覇してしまいました。

子どもも存分に楽しんでいました。“プール/温泉/自分ですくえるアイスクリーム/部屋ではYoutube見放題/ベッドでぴょんぴょんトランポリン”と、オリエンタルガーデンでの滞在を満喫している様子でした。

子どものベッド落下防止対策が必要だったり、子どもの手洗いがしづらかったりと多少の工夫は必要なものの、子どもも大人も楽しめる棟としてオリエンタルガーデンは子連れにオススメですよ!

オリエンタルガーデンの子連れに良いところ

  • バイキング会場がある
  • 温泉大浴場がある
  • 棟の移動をしなくても過ごせる
  • 宿泊者限定のガーデンプールがある(夏季限定)
  • 部屋のテレビで動画配信サービス(Youtube等)が利用できる

オリエンタルガーデンの子連れによくないところ

  • ベッドの部屋しかない(布団で寝られる部屋がない)
あき

ご意見ご感想は、このページ最下部にあるコメント欄へお気軽にどうぞ!

この記事を書いた運営者あき
プロフィール画像
あき(@akichan_ryokou

旅行大好き2児(5歳・3歳)の父(30代)
長男は0歳11カ月/次男は0歳3カ月で旅行デビュー
子連れが快適に泊まれる宿探しが得意
北海道1周の旅を2回経験
旅行の前日は楽しみすぎて寝付けない事が多い

コメント

コメントする

タップで読みたい場所へジャンプ