見逃すと損!オトクに泊まれる楽天トラベル割引クーポンクーポン一覧

サンバレー那須を子連れ視点で完全解説!4泊してわかったオススメの棟はここ

サンバレー那須ってどんなホテルなんだろう?

サンバレー那須には宿泊棟がたくさんありすぎるから子連れにオススメの棟を知りたい。

こんなお悩みを、2022年にサンバレー那須に4泊して隅々まで調べてきた筆者が解説します!

この記事を書いた運営者あき
プロフィール画像
  • 旅行大好き3児(5歳・3歳・0歳)の父(30代)
  • 子連れが快適に泊まれる宿探しが得意
  • 2022年に子連れで那須に1週間滞在
  • 2022年にサンバレー那須に子連れで4泊

当ブログは0歳〜6歳(未就学児)との子連れ旅行を専門としたブログです。0歳〜6歳までの子連れでサンバレー那須に泊まることを前提にして▼

  • 子連れに向いている宿泊棟
  • 子連れに向いているバイキング会場
  • 子連れに向いている大浴場

この3点から評価・比較していきます。

実際にわたしが、サンバレー那須に子連れで4泊して感じたことをたくさん盛り込みました。この記事を読めば、幼い子連れはサンバレー那須のどの棟に泊まるのがいいかどのように過ごすと快適に楽しめるかがわかります!

タップで読みたい場所へジャンプ

サンバレー那須は9つもの宿泊棟がある大型リゾートホテル

サンバレー那須は栃木県那須町の新那須温泉にあります。9つの宿泊棟と3つのバイキング会場、3つの大浴場があり温泉は泉質が異なる3種類のお湯が楽しめます。宿泊者は滞在中、3つすべての大浴場に自由に入り放題です。

夏季限定で大型プールも営業。プールには、水着のまま入れる温泉も併設されていて子連れで長時間楽しめます。

その広さから、ホテルの敷地内だけを巡回するバスが常時運行しています。各棟のフロントで声をかければすぐに迎えにきてくれる便利なサービスです。

大型ホテルなのにコインランドリーがない点だけ注意が必要です。

幼い子連れに向いている宿泊棟はどれ?

サンバレー那須には宿泊棟が9つもあります。これだけあると子連れに向いている棟がどこなのか自力で調べるのは大変です(私も最初大変だった)。

9つある棟の中から、コロナ以降休業中の『アネックス棟』と、1棟貸切型の『青雲荘』を除いた7つの棟を子連れで宿泊する視点で評価します。チェック項目は▼

  • 布団で寝られる部屋がある棟は◯
  • 食事会場がある棟は◯
  • 温泉大浴場がある棟は◯
  • 階段や段差や角が少ない、ベッドから落ちる心配がないなどの安全面
  • 駐車場から部屋まで荷物を運ぶのが楽か、階層の移動にエレベーターがあるかなどの利便性

以上の5点で評価していきます。

スクロールできます
布団食事会場温泉安全性利便性
本館
オリエンタルガーデン✖️
フォレストビラ
ザ・コテージ✖️✖️✖️✖️
ガーデンスウィート✖️✖️✖️✖️
ふくろうの森✖️✖️✖️✖️✖️
クイーンズコリーナ✖️✖️
棟の名前をタップすると詳しい説明へジャンプします。

布団である必要性ってなに?

と思う人もいるでしょうが、基本的に子どもは寝相が悪いです。普段と違うベッドから落ちてケガをする無駄なリスクを避けるためにも、できる限り布団で寝かせることをオススメします。

そしてこの中から、実際に4つの棟に宿泊してきました

  • 本館
  • オリエンタルガーデン
  • フォレストビラ
  • ザ・コテージ

この4つです。実際に宿泊した棟に関しては、部屋の中まで細かく紹介した記事を完成次第リンクします。

ここからは、それぞれの棟を子連れ視点で評価していきます。

本館

58部屋中50部屋が和室で、どの世代でも無難に使いやすいクセのないベーシックな造りの本館。

バイキング会場/温泉大浴場/ゲームコーナーなど施設も一通り揃っていて、とても無難な宿泊棟です。

本館の子連れに良いところ

  • 和室の予約が取りやすい
  • バイキング会場がある
  • 温泉大浴場がある
  • 部屋は和室、階の移動はエレベーターで危険なところは特にない
  • 上層階の部屋からは眺望が良く、遮るものなく地平線が見える

本館の子連れによくないところ

  • 建物・内装がかなり古くさい
  • 広いわりにエレベーターが1機しかない
  • エントランスに階段10段+自動ドア1枚があって、車から荷物を運びこむのが少し面倒
  • バイキングの味が他2カ所に比べてやや劣る
あき

実際に宿泊しましたが、どうしても建物の古さと設備面の地味な不便さが気になりました。ただ、幼い子連れには比較的向いている棟です。

オリエンタルガーデン

ロビーは天井が高く、中庭にはプール(夏季限定)があってそれを囲うように建物が立っているオリエンタルガーデン。リゾート感漂う雰囲気の棟です。

温泉大浴場の『湯処ひのき』は硫黄泉オンリーで、“4つの湯船すべてが同じ泉質の温泉”とこだわりが感じられます。

オリエンタルガーデンの子連れに良いところ

  • バイキング会場がある
  • 温泉大浴場がある
  • 中庭にプール(夏季限定)があってリゾート感漂う

オリエンタルガーデンの子連れによくないところ

  • ベッドの部屋しかない(ひと手間加えれば落下防止策あり)
あき

ベッドの部屋しかないのが唯一の難点です……

フォレストビラ

未就学児の子連れには1番オススメの棟です。施設やサービスが多彩で、フォレストビラから出なくても十分に子連れで楽しめます。

布団で寝られない『トリプルルーム』と、布団は2枚敷けるが室内に急階段がある『メゾネット』タイプの部屋がほとんどです。幼い子どもがいると安心できない部屋がフォレストビラの大半を占めている点には注意が必要。

予約時に空いていれば、フォレストビラに6室だけ存在する『和洋室』に泊まるのが未就学児の子連れには1番オススメです。

フォレストビラの子連れに良いところ

  • キッズスペースがある
  • バイキング会場がある
  • バイキングに子どもが喜ぶ料理が多い
  • 温泉大浴場がある
  • ロビーで夜食のお茶漬けが食べ放題
  • ゲームコーナーやカラオケなど娯楽施設がある
  • 花火ができる場所が用意されている(花火は要持参)

フォレストビラの子連れによくないところ

  • 安全に布団で寝られる部屋が少ない
あき

実際にメゾネットの部屋に宿泊したのですが、子どもは目新しい室内の急階段で遊びたがるので相当に気をつかいました……

ザ・コテージ

他の棟にはない独自の良いところを持っているが、反面大きなデメリットも持っているザ・コテージ。東棟と西棟、2タイプの部屋があるものの指定することはできません。

別荘感があって楽しいのですが、東棟は室内に階段がたくさんあって子どもから目が離せません

ザ・コテージの子連れに良いところ

  • 独立した一軒家なので足音や騒音を気にする必要がない
  • 玄関横にガレージがあるので車から荷物を運ぶのが楽
  • ベッドルームとトイレが2つずつあるので3世代旅行にぴったり

ザ・コテージの子連れによくないところ

  • 離れた別の棟でチェックインをしなければならない
  • バイキング会場/温泉大浴場ともに遠い(園内バスで移動)
  • 3階層になっていて室内に階段が多い(東棟)
  • リビングの天井が高すぎてエアコンの効きが悪い
  • 加湿機能付きの空気清浄機が1台あるだけなので空気が乾燥している(夏場以外)
あき

実際に東棟に宿泊しましたが、ザ・コテージを子連れで使うなら危険の少なくなる小学生になってからがオススメです。

ガーデンスウィート

布団で寝られる部屋は多いものの、館内は階段が多くて薄暗く子連れが楽しむ雰囲気ではありません

チェックイン/アウトをするときや、食事会場/大浴場に行くのにも棟の移動が必要なので、子連れにはオススメしません。

ガーデンスウィートの子連れに良いところ

  • 布団で寝られる部屋が多い
  • エントランス前のイルミネーションが綺麗(季節問わず)

ガーデンスウィートの子連れによくないところ

  • 館内廊下が階段だらけで、荷物がおおい子連れには大変
  • 館内が薄暗くて子どもが喜ぶ雰囲気ではない
  • 別の棟でチェックイン/アウトをしなければならない
  • バイキング会場/温泉大浴場ともに棟の移動が必要(徒歩圏内)
あき

写真を撮るためにガーデンスウィートに入った瞬間、「この棟は営業しているのか……?」と思ったほど薄暗くてひと気のない雰囲気でした。

ふくろうの森

森の中にコテージのような戸建てがたくさん建っているタイプの宿泊棟です。何をするにも棟の移動が必要で、サンバレー那須の中で1番子連れに向かない宿泊棟です。

駐車場〜部屋の通路はカートが使えないので、手で荷物を運ばなければなりません。荷物がおおい子連れにとってはつらいですね。

ふくろうの森の子連れに良いところ

何もありませんでした。

ふくろうの森の子連れによくないところ

  • 布団で寝られる部屋が1つもない
  • 別の棟でチェックイン/アウトをしなければならない
  • 駐車場と部屋が離れている
  • 荷物を運ぶカートが使えず、車から部屋まで手で荷物を運ばなければならない
  • バイキング会場/温泉大浴場ともに棟の移動が必要(徒歩圏内)
  • 園内バスのりばに行くにも徒歩移動が必要なので雨だと面倒
あき

子連れが快適に過ごしたいなら、ふくろうの森は1番避けるべき棟です。

クイーンズコリーナ

特段子連れに向いている点もなく、向いていない点も特にない棟です。

バイキング会場や大浴場がある本館に行くのに屋外移動は必要ですが、本館の入口は道路を挟んで目の前、10m程度の距離なので大きな不便はありません。

クイーンズコリーナの子連れに良いところ

特にありませんでした。

クイーンズコリーナの子連れによくないところ

  • バイキング会場/温泉大浴場ともに棟の移動が必要(徒歩圏内)
あき

子連れに向いている棟がすべて満室の場合は、次点でクイーンズコリーナを選びましょう。

子連れに1番オススメなのはフォレストビラ

サンバレー那須は、広いがゆえに泊まる棟によっては食事やお風呂に行くために園内バスを呼んでもらって移動する必要があります。これは幼い子連れにとってかなり面倒で避けたい工程ですよね。

フォレストビラは、バイキング会場や温泉大浴場が入っていて棟の移動をする必要がなく利便性がたかい点。キッズスペースやゲームコーナーなど遊びの施設も豊富な点から子連れに1番オススメの棟です。

サンバレー那須に実際に4泊して調査した結果、未就学児以下の子連れが選ぶべき棟は次の3つです▼

  1. フォレストビラ
  2. 本館
  3. オリエンタルガーデン

サンバレー那須のバイキング

サンバレー那須には3つのバイキング会場があります。それぞれ棟もコンセプトも異なるバイキングです。

  • スカイホール(本館:和食バイキング)
  • 万里(オリエンタルガーデン:中華バイキング)
  • 森のテーブル(フォレストビラ:洋食バイキング)

予約プランにバイキング会場の指定がされていない場合、予約時にこちらから希望のバイキング会場を指定すれば叶えてくれることがあります。ただし、基本的にはホテル側が決めることなので、お願いする場合は希望が通ればラッキーくらいの気持ちでいてください。

あき

閑散期や平日は営業していない会場もあるのでご注意を。

また、0歳〜1歳の子がいる家庭にはうれしいサービスとして、どのバイキング会場でもビンの離乳食を無料提供してくれます。事前にお願いしておく必要はなく、食事が始まってから好きなタイミングで頼めばOKです。

あき

実際に3カ所すべてのバイキングで食べてきたので紹介します。

本館・スカイホール

本館の最上階である6階が1フロアすべてバイキング会場のスカイホール。和食が中心のバイキングです。

1番の特徴は、山側をみれば那須連山、平地側をみれば地平線が見渡せるすばらしい眺望です。

実際に食べた感想として、料理の味やバイキング全体の質をみても、他の2カ所に劣ります。キッズメニューが4〜5品置かれていましたが、キッズメニュー以外の料理は子どもが好みそうなものは少なかったです。

あき

大人視点でも子ども視点でも、あまりオススメはできないバイキングでした。

オリエンタルガーデン・万里

オリエンタルガーデン1階にある、本格的な中華料理のバイキングです。キッズコーナーにある4〜5品を除いて、並んでいる料理はすべて中華料理で統一されています。

ライブキッチンには北京ダック小籠包などがあって目でも楽しめます。並んでいる料理も辛いものは多くなく、日本人好みの味付けにしてあります。デザートも魅力の1つで、アイスクリーム/ケーキ/プリン/杏仁豆腐と種類がとても豊富で味もおいしかったです。

中華料理好きや、“子どもが食にあまり興味がないから大人が食事を楽しめるほうが優先”という人にはオススメです。

あき

辛いものが苦手な私でも、とてもおいしくて楽しめた中華バイキングでした!

フォレストビラ・森のテーブル

洋食が中心のバイキングです。ライブキッチンにピザ窯があり、その場で焼いたできたてのピザが食べられます

あき

最初に見たときは正直、“パフォーマンス用でしょ”と思ったのですが食べてみて反省。このピザがおいしいんです!

同じくライブキッチンにパスタがあり、その場で1人分の量のスパゲッティを作ってくれます。できたてなので、よくあるバイキングに並んでいるカピカピのパスタと違っておいしいです。

他にも、好きな具材をバンズに挟んでオリジナルのハンバーガーを作れるコーナーがあり、子どもがとても楽しんでいました。キッズコーナー以外にも子どもが好きそうな料理が多くあり、サンバレー那須の3つのバイキングの中で間違いなく子どもが1番楽しめるバイキングだなと感じました。

お酒のツマミになる料理も多数あるので、飲みたい大人にもオススメのバイキングです。

あき

大人も子どもも楽しめる、子連れファミリーには1番オススメのバイキングです!

子連れに1番向いているバイキングは『森のテーブル』

スクロールできます
子ども向けワクワク感
スカイホール✖️✖️
万里
森のテーブル

個人的にバイキングというのは、味はもちろんのことワクワク感が大切だと思っています。ワクワク感とは、ついつい手に取りたくなってしまうライブキッチンとか“乗せる具材を自分で選べる海鮮丼”のような、選択肢があってオリジナルのものが作れる楽しみです。

森のテーブル』はライブキッチンにピザ窯があって目の前でピザを焼いてくれたり、たくさんの具材の中から好きなものを選んでオリジナルのハンバーガーが作れるコーナーがあったりと、ワクワク感が高まって楽しめる演出がされた素敵なバイキングでした。

『森のテーブル』が子連れに1番オススメです。『万里』の中華料理もとてもおいしかったので、こちらもオススメできます。

『スカイホール』は子ども向けな訳でもなく、味も特別おいしい料理はなかったのでオススメしません。

サンバレー那須の温泉大浴場

サンバレー那須の温泉は3種類の泉質があります。

  • 強い硫黄の香りと白くにごった色のお湯が特徴の『硫黄泉』
  • 無色透明の『マグネシウム泉』
  • 肌に優しい『弱アルカリ泉』

どの温泉も中性〜弱アルカリ性で、刺激が強いものはないので子どもを入れても大丈夫な泉質です。

そして、サンバレー那須には大浴場が3カ所あります。

  • 本館の『湯遊天国』
  • フォレストビラの『森の湯』
  • オリエンタルガーデンの『湯処ひのき』

『湯遊天国』と『森の湯』では3種類すべての泉質のお湯が楽しめます。『湯処ひのき』はすべての浴槽が硫黄泉で統一された大浴場です。

『森の湯』以外は、すべての大浴場に使用済タオル回収BOXが設置されているので、濡れたバスタオルを部屋に持ちかえらなくていいのが便利です。

新しいバスタオルがほしい場合は、各棟のフロントに声をかければ新しいものをもらえます。

私がフォレストビラに泊まった日に、本館のフロントで「新しいバスタオルがほしい」と伝えたところ、その場でタオルセットを渡してくれました。使用済のタオルと物々交換ではなく、新しいものを出してくれました。宿泊している証明のためにルームキーを見せたらスムーズでした。

あき

実際に3カ所すべての大浴場に入ってきたので紹介します。

本館・湯遊天国

本館の湯遊天国のみ、夜の部と朝の部で男湯と女湯が入れかわります。それぞれ『一の湯』『二の湯』という名前で、浴槽の種類や数がおおきく異なります。

一の湯

  • 浴槽の数は内風呂2つ、露天風呂3つ
  • サンバレー那須の3種類の温泉すべてが楽しめる
  • 露天風呂のマグネシウム泉が37〜38℃でぬるめ
  • 露天風呂の弱アルカリ泉が42〜43℃で熱めなので子どもは要注意
  • 貴重品ロッカーあり・使用済タオル回収BOXあり
あき

3種類すべての泉質が楽しめて露天風呂が広く、ぬるめの浴槽も用意されているので子連れにオススメできます。

二の湯

  • 浴槽の数は内風呂4つ、露天風呂5つ
  • サンバレー那須の3種類の温泉がすべて楽しめる
  • 内風呂の弱アルカリ泉が39℃くらいでぬるめ
  • 内風呂のフルーツ風呂が37℃くらいのぬるめ
  • 露天風呂の硫黄泉が45℃くらいあってかなりの高温
  • 貴重品ロッカーあり・使用済タオル回収BOXあり

フルーツ風呂は、浴槽内にフルーツがたくさん浮かべてあります(私が入った日はリンゴだった)。このフルーツ風呂が子どもに大人気で、子どもはみんなここに集まっていました。

露天風呂の硫黄泉は大人でも入っていられないくらいの熱さなので、子どもがうっかり入ってしまわないように注意してください。

あき

3種類すべての泉質が楽しめるうえに、浴槽の数もおおく温度も様々で子連れに1番オススメの大浴場です。

オリエンタルガーデン・湯処ひのき

  • 浴槽が総ヒノキ造りで、すべての浴槽が硫黄泉
  • 浴槽の数は内風呂1つ、露天風呂3つ
  • 露天風呂に39℃くらいでややぬるめの浴槽がある
  • 全体的に落ち着いた雰囲気で大人向けの大浴場
  • 貴重品ロッカーあり・使用済タオル回収BOXあり

『湯処ひのき』では、脱衣所から浴室内へ入った瞬間に強烈な硫黄臭がします。あの匂いが苦手な子は『湯処ひのき』は避けたほうがいいです。また、サンバレー那須の硫黄泉は白くにごっています。足元がまったく見えないので、怖がりな子は入るのを嫌がるかもしれません。

あき

3カ所ある大浴場の中で『湯処ひのき』が1番温泉感を感じられます。大人だけでお風呂にいく際にオススメです。

フォレストビラ・森の湯

  • 浴槽の数は内風呂1つ、露天風呂2つ
  • サンバレー那須の3種類の温泉がすべて楽しめる
  • 3カ所の大浴場の中で1番シンプルで狭い大浴場
  • 特にぬるい浴槽はなくすべて40〜41℃くらい
  • 貴重品ロッカーあり・使用済タオル回収BOXなし
あき

ぬるいお湯がなく、子どもが楽しい要素もないので子連れにはあまりオススメできません。

子連れに1番向いている大浴場は『湯遊天国』

スクロールできます
子ども向け大人向け浴槽の数
湯遊天国・一の湯5
湯遊天国・二の湯9
湯処ひのき✖️4
森の湯✖️3

4泊する中で実際にすべての大浴場に子連れで入りましたが、1番のオススメは本館の『湯遊天国』です。理由としては▼

  • 広くて浴槽の数がおおい
  • 子どもが入りやすいぬるめの浴槽がある

という点です。特に、夜の部は女湯/朝の部は男湯になる「二の湯」が浴槽の種類・温度ともに多彩で子連れに向いています。

『湯処ひのき』は泉質が良く、浴室内に硫黄の香りが充満し温泉らしさを存分に味わえるので大人には1番オススメです。その反面、硫黄臭が苦手な子にとっては耐えられない場所なはずです。うちの子は大丈夫でしたが、こればかりは個人差があるので子どもに合わせてあげましょう。

『森の湯』は、「狭い・熱い・タオル回収BOXがない」と子連れにはあまり向いていない大浴場です。

部屋がフォレストビラなので棟の移動をせずに温泉に入りたい…

という人以外、子連れの場合は『森の湯』ではない大浴場に入るのがオススメです。

サンバレー那須の子ども料金

サンバレー那須の子ども料金と予約区分はとてもシンプルでわかりやすいです。

3歳〜未就学児
  • 幼児(食事布団付)で予約するようにホテルから指定あり
  • 大人料金の50%
0歳〜2歳
  • 幼児(食事布団なし)で予約するようにホテルから指定あり
  • 料金は¥2,200

まとめ|サンバレー那須に子連れで行くとき予約すべき宿泊棟と過ごし方

子連れに1番オススメの宿泊棟は『フォレストビラ』です。

  • 子ども向けで料理の味も◎のバイキング会場
  • 温泉大浴場
  • キッズスペース
  • ゲームコーナーやカラオケなどのアミューズメント

これらがすべて入っていて、サンバレー那須の中で子連れにとって1番利便性がたかい棟であることが理由です。

次点で「オリエンタルガーデン」・「本館」と続きます。

今挙げた3つの棟以外を選んでしまうと、子連れが快適に過ごすことはできないと思ってください。

サンバレー那須のオススメの過ごし方

  1. フォレストビラの和洋室に泊まる
  2. フォレストビラのバイキング『森のテーブル』で食事
  3. フォレストビラのアミューズメントを楽しむ(ゲームコーナー/カラオケ/花火など)
  4. 本館の大浴場『湯遊天国』に子どもと一緒に入浴
  5. 早起きしてこっそり1人で『湯処ひのき』か『森の湯』を楽しむ

子連れが楽しめる観光スポットが周辺に豊富にあるサンバレー那須。正しい部屋選びをして快適な一晩を過ごし、那須旅行が楽しい思い出だけで埋め尽くされるよう願っています!

あき

ご意見ご感想は、このページ最下部にあるコメント欄へお気軽にどうぞ!

この記事を書いた運営者あき
プロフィール画像
あき(@akichan_ryokou

旅行大好き2児(5歳・3歳)の父(30代)
長男は0歳11カ月/次男は0歳3カ月で旅行デビュー
子連れが快適に泊まれる宿探しが得意
北海道1周の旅を2回経験
旅行の前日は楽しみすぎて寝付けない事が多い

コメント

コメントする

タップで読みたい場所へジャンプ